FC2ブログ

『特別展 第二回メタモルフォーシス展』参加

来週火曜日から、長野市で展示に参加させて頂きます。
長野県ゆかりの若手アーティストというくくりの9人のグループ展です。
長野駅近くなので、ぜひお越し下さい。
私も今は近所に住んでいます。楽しい所をご案内します。
これでひっこすつもり。

--------------------
『特別展 第二回メタモルフォーシス展』
ギャラリー82
長野市岡田178-13 八十二別館1階
6月3日(火)〜 6月29日(日) 会期中無休
平日 9:30~18:00
土・日・祝 10:00~17:00
入場無料
http://www.82bunka.or.jp/gallery/2014/06/-2.php
★6月7日(土)
10:15-11:45 出品作家によるギャラリートーク
13:00-15:00 詩人杉本真維子×出品作家とのシンポジウム
★6月21日(土)
14:00-15:30 教養セミナー「絵かきのひとりごと」甲田洋二氏(武蔵野美術大学学長)
----------------------
7日(土)にはトークがあって、私は15分もひとりで面白いこと言い続ける話術がないので、パフォーマンスしよかなと考えています。といったら、「いいよ踊っても」といわれました。踊りはしません。
下記はパンフレットに載せたステイトメントです。

-------------------------------------------------------------
星の光は過去の光です。
星が光ってから、
その光が地球に届くまで、
星と地球の距離分、時間がかかります。その中にはもう消滅して既にない星の光もあるでしょう。けれど、その光は、実際に地球上の現在に今届いていて、本当に見ることができます。
本当に見えると言っても、それは、錯覚や幻視やユーレイと同等で、存在しないものではないかとも言えます。
でも、あなたの体からは、犬の目と同じ様に見る事は出来ないし、だれかと同じ様に見る事も出来ません。つまり、個々の体による知覚様式を通して、世界は現れます。その個々のうちのひとつが見た光を、今はもうない、他の方法では観測できないという理由で、現実ではない、と言うことはできない。
逆に、ひとつの個体から見えない光を、ない、とも言い切れない。それはその個体の知覚様式において見ることができないだけかもしれないからです。
あなたが見る地球上の空間で、例えば、花器がたおれます。
破片、水、花、すべては重力によって、地面に落ち、目の前にあったものはもう今はありません。
しかし、星側の目を想定すると、
花器がたおれる前のその花の光景が、今、やっと、その星に届いているというのは、ありうることです。あなたが見たようには見えないかもしれない。けれど、別の形だとしても本当に見える。それが、その星側の目にとっての現実です。
見るという行為には、そういう、日常で知覚可能な時空間とは別の時空間を、体から世界にもちこむ現実の魔法が潜んでいて、見る物を作るということはそれを爆発させるための呪いなのかもしれません。
--------------------------------------------------------------

爆発させるための呪い、って、なんかかきたくてかいちゃったんだけど、
ここで言う爆発というのは、破壊するのと光を放つ、目に見える、みたいな感じで、
呪い、というのは、日常の中での力ではゆるがしがたい世界の仕組みに対して、現実に本当に効き目を信じて行う行為、みたいな感じです。
初めての地元での展示で、逆にアウェイを感じています。
自ら勝手に。
長野はとてもいい所で、空気もおいしく、食べ物もおいしく、人も心が優しい、美女が沢山いて、山もよく見え、庭も手入れされ、とてもいい所です。
自ら勝手に、中学高校の時感じていた呪いのような気持ちと言うか
地元と自分に自分でかけた呪縛に絡めとられながら、
反骨精神のような気持ちになってしまった。
しらねえよ、みたいな
癒しじゃねえんだよ、みたいな
フィクションじゃねえんだよ、みたいな
別に誰にもアートとかフィクションだね、現実じゃないね、とは言われていないのに、段々と勝手に戦っていた。不毛です。
中学のとき聴いてた音楽聞いたら制作がとてもはかどりました。
とても暗いきもちになった。
いまはなおりました。
でも、そもそもどういうところから出発してここにきたのか
なんでこれを選んでいるのか、みたいなことを、言葉にならない所まで
ぐっと考える機会になりました。

やっぱり
目の前のものごとが本当に現れているといいうことに凄く喜びがあって
でもそれが消えてしまう
本当になくなってしまう、ということが堪えがたいため
本当に無くなってしまうの構造を
変えるような ことはできないのか
体や空間を使って試している。というのが大筋です。
でも、なぞがあって
ときあかしていきたい。
わかりやすさに落とすのではなく、ひらきたい。

ここ4日間制作だけするのを許してもらって、ちょっとバイトも入れてもらったけど
そしたら今はなんか体がブラブラになって
うわー手が、ブラブラだ〜ってなって、
楽しいと思いこみながらただやっています。考えていることと目の前に出来上がってくるものの間に、自分を明け渡しながら
だいじょうぶかこれ、形になるのか、と思うけど、ただやるんだと思います。

あと実は9月にも長野県内で展示が決まりました。
とても、自分にとっては自分より上の方にあるできごとで、ありがたく、こわい。がんばりたくたのしみです。標高もめちゃ上の方にあるのでその時は是非一緒に山で遊んでください。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/01 09:13)
長野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2014/06/01 09:13
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。