FC2ブログ

足の裏の筋を違えてしまったみたいで、湿布を貼っている、新しい感覚。



足の裏を、湿布でスースーさせながら(主体の身体自体が逃れえない外部及び内部として特に知覚として現れる)
展示を見たりして、思ったのだけど(身体をその場において見る)
やはり、何を、目の前の
触れられるにするかが大事というか、
そこでしか、やりようがない。


たとえ
触れられる範囲だとしても
実際に触れたとしても
犬を撫でても撫でても到達しない、届けない、たりないように

触って良い円筒状のオブジェを持っているにもかかわらず、そこに描かれた遠くの風景のように

目で見た葉の厚み、それをさわったつめたさ、けして、葉の表面の内側にはいけない、断絶を触れたゆえにはっきりと、感じたように

触れたとしても、
なにもかもは、遠いままだ。
触れられるからこそ、遠ざかるかもしれない。
私の足の裏の痛みも、
外には伝わらないし。

でもだからこそ、触れられる近くのものを、どこまで見るか、触るかしかないような気がする。


外側といっても、

なんか、頭に浮かんだ人からその瞬間連絡がきたり、あとあと連絡がきたり、
同じ音楽が流れたり、
占いがあとあと、そのまんまだったり、
わあ、とおもうようなことごとに普通に出会うたび、
自分の内側と外側もたいしてかわらないのかも、ということも思います。
最近はそういう偶然みたいなのがありまくりすぎるので、流しているけれど、なんか、流れにほんとにただそってるのかもしれない、と思ったりしています。

明日から沖縄にいきます。ただいく。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。