FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会「乱反射」における 齋藤春佳制作雑記(8月4日)

ranhansya0804.jpg

乱反射0802
IMG_1797.jpg



展覧会「乱反射」における
齋藤春佳制作雑記(8月4日)



今日は、以前制作中に一回ご飯食べに来てて少し喋った子が、
展示を見に再度来てくれて
絵を教えて、ということで
私は、
スパルタデッサン教室とかならまだしも
そうでなくて
教えられるような物は持っていないので、一緒に描こう
と2人で一枚の絵を描いた。

自身は割と絵を描くことは増えてきたけど
2人で描くということはしたことがなくて
面白かった。
一枚の中に自分以外の要素が、普通に入ってくる、
自分の描いたものを、描いている最中に既に描いているものすら捨てながら描ける。
一人で描いている間、
描いたものとこれから描くものと其の両方の自分と組んで、
戦うみたいにやろうとしていることが、
2人だと別に普通に起こって、
え、意外とすごいのが楽にたのしくできるなあ。と思った。

でも、それは
2人だと
行為を自由だとみなすことに伴う責任をあらかじめ捨てているから、
描いたものとこれから描くものとが戦いにならないとゆうだけ、
というのもあるかもしれない。


あと、技術みたいなものはほんとうにおそろしいもので、自分は、多分今まで培った、技術でもないけれどでも経験で知ってしまってきた色んなことを、はっきしそうになってしまって、多分してもしまって、 型の外に出れないことを、技術と呼んでしまうこともあるんだろう、 とゆうことも考えた。

とても面白かった。

まさに乱反射なできごとでした。



展覧会紹介ページはこちら↓
https://www.facebook.com/events/666022470079058/
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。