FC2ブログ

伸びた枝枝に白い花ふくらむのを見たのをここに描く (よる追記)

aburane
よなかおくれてなかった
久々油ドローイング



---
がぞうたてになってた

ここになんでかくんやろ、べつのばしょじゃなくて、なぜここに、見たのを、描く、写真じゃなさ、イメージじゃなさ、行為、でもイメージかいてるし、みる、かく世界に充満する行為や行為まで行かないそれらが、画面をかすめる、へんなきゃんばすはりかたしてみた。実物は結構かわいいんですよ

もくれんの見上げ、つぼみのふわふわと皮の構造を、ガン見の見上げの向こうにマンションの屋上の端から鳩の体見え隠れ、をガン見、をもくれんがんみしきらん、をがんみ、を超えてガンミなのか何なのか分からないけどするしかないがんみまで、たどり着く前に今日は、もくれん下地上の自転車置き場の端からベビーカーの先端、マスク帽子のあやしい私はふつうにあるきだして、なんかをかんがえた、道向こうの川向こうの黄色い花が枝についてるかんじの植物がびよーって広がってる中央らへんに赤いへなへなのタバコだかラーメンだかの赤い旗がヘタヘタ。えのんことおもいだして、本当の世界には完全に圧倒されちゃう、でもそこも本当の世界としてやるの、再現と違って、ですけど、すっごいなあってなっちゃうまけちゃうな、しあわせ、などの視線が関係なくタラタラの麻状ののれんをとおくにとらえるのってなんなわけ。

家ぐあんぐあん壊してる工事現場
やねべりべりーっての見てうっわあ
同じ美術でも彫刻専攻の人との話せないこともあるということやそんなこといったらでも同じ油画でも共有できないで話せないかんじなんていくらでもあって、を、美術のことを話したいのに話せないような、話したくないような、美術館でのバイトからの帰りに思っていた、はなせなさの種類みたいなもの、私は、それは小学生のときのクラスにいっぱい色んな人がただのパーソナリティだけもっていたみたいな感じみたいでおもしろいとかんじるけど、それよりも多層的に皆立場や家族や色々あって、それはさらにおもしろいんだけど
まだなれてないだけかな
おもしろいんだけど
私はでもどんどん自分の選択で狭めてってであった世界たちをせまいもの、せまくてよくないものなんて思わなくてもいいと思った
でも外もあるってしってそこでやっていかなきゃっす
楽しく話せたらいいんだ、正直でさえあれば。正直さ重要
ただ話したいことを思ったことをただ話せる人が普通に、いたことが、今日常にいなくてもいることが
てか、それすごいじゃん…、っておもった
などの彫刻系の捉え方と平面系の捉え方のことを思ったのが頭を引きずって
家って正面性あるよね、神社も、寺も、あっ展示、まあ人もか、まじめにセックスのこと考える、正面性
まじめじゃなくなる
目の前で自転車子供が電信柱に激突「だいじょうぶ?」うすくうなずきながらビュンこいでく
道で遊んでる子供のビジュアルたちにうちのめされる、皆顔も服もそれぞれ過ぎる、首のひも何っておもったら腕をかつてつってたひもね
アンドあるいてる
アンド見てる
なんじゃそりゃ、すごいな、っていま、かいてる、わお
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。