私生活

という名前の歌を九月は何度も聞いていた。



お金を払って家を借りました。
いつのまにか、じわじわと、急に、ひっこしていた。
いい家だと思う。
ボロくて綺麗で広くて不便でやりがいのある家です。

愛の化身から家具家電ゆずってもらったり、
一瞬のタイミングで、名実共に不動産の聖霊のような不動産屋さんを紹介してもらったり

このタイミングかよ、という、いつもヒマなのにドンキーコングとかやってるのに、展示準備も何もかもがかぶっている今この時かよの時に家探しをしていましたが、
でも、いろんな人の助けによって、進み、
それは、このタイミングでしかなかった。

誰にも、因らずに、
自分の責任で、日々を過ごしたい、
と思っての引越しでしたが、
そんなことは、無理なんだな、と、そのさなかで気づきました。
こまかな、自分に対しても言葉にしきっていない色んな理由はありますが
長野に残るいろんな理由もあって、
だから、決めては、ながれでした。

ながれかよっておもうけど、でも、無理やり何かを変えようとする時というのは、すごい、変な時で、何かの変化の代わりに別のところを手っ取り早くやろうとしたりしている時なんだな、と、前すごい変になった時(作品も、その時のもの見返すとキモイので驚いた)
あとあと思って、

でも、今回は、
ちょろっと、ひっかかりのたねをまいていったら、
あれよあれよと、
自分の意思なんだけど、それ以上の力で、ひっこさざるをえなくなった、かんじもあって、
別に順をおってかくひつようもないというだけじゃなくて、
いろんなきもちが今もないまぜだけれど、
これは、いいなあ、と、思っています。

一瞬は
自己中を爆発させてその勢いで突き進んだのですが、
なんか、そこにあった、
そもそもの思いみたいなのに
途中で、はたと、気づけて、
爆発みたいな感じじゃなくて、
遠くから覆うみたいな感じになった、心の空間の有様がかわって、ちょうど展示のあれこれもかかわってきたとおもうけど、
なかなかいいかんじだと今思います。
ペロペロッといろんなことがただ進んでて、
よいです
周りの人も、らくになったんじゃないかな…わかんないけど

制作ますます頑張ります。
ますますがんばるための、というか、
このままじゃきっと、表面の方はいいかもしれないけれど、このままじゃやれなくなる、というのが、
もういっぱいにもなっていた。
ビッグなアーティストに、なります、とか、長野で送別してもらった時に凄い目で言ったけど、私は、フリーターだというのを、ひしひしと感じるこの二週間です。
けど、良い制作を、良い生活を、
考えるのを怠らないで、
ドンキーコングやりすぎないで、
ますますがんばります。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。