もしかしたら、こわさに耐えられなくなってきているのかもしれない。

2017年3月10日、
信濃毎日新聞朝刊の、金曜アートというコーナーで掲載していただきました。


私の齋の字は新聞には使われないことになっている字なのでまちがいではないです、実家の表札この字だし、なんでもいいんだよと言われて斉藤って書いてた時もあった。ほんとになんでもいいのかな。

信濃毎日新聞朝刊2017.3.10掲載


クリックすると、拡大できると思うので、文面を読んだらたのしいと思います!
宇宙ぎみ、うれしい
うれしそう、写真が
(場が混沌としてきて、これはどういう状況でしょう、へへ…ともにゃもにゃ言っていた写真が掲載で、へへ…となった)
顔面が、盛れていない。


私がよく、方法、別の方法、と言っているのを、
言い当て、という呼び名で新しい触り方を作っていただけたのも、読んでいてとてもたのしかった。
実際のインタビュー時では、話がボンボン飛んで行く、めちゃめちゃな喋りでしたから、
こんな風に、意味にしていただいて、すごく、うれしいです。


これ、うまく喋れなかったなあ本当に、
うまく喋れることなんて、ないんだけどほんと、、、と思ったのは
文章の中で触れていただいている、
小さい頃の今を覚えておくゲームと言うのは、殆どそうなのだけど、
それはかなり今絵画等でやっていることに近い言い方で、
小さい頃のそれは、もっと抽象的で、
「覚えておこうと思ったことを覚えておこうゲーム」
つまり、
「今、覚えておこうと思った!このことを、覚えておこうと思ったこと自体を、覚えておこう…」
という、成功不成功が判明しなさすぎるゲームでした。
ただそれには視覚が伴っていた実感もあって、
だから殆ど、書いていただいてあることが、やっぱりそうなのだけれど
少しだけ、もっと
もっと手がかりがなくて、こわくてたのしいゲームだった。今は、もしかしたら、こわさに耐えられなくなってきているのかもしれない。それで、視覚とか、物とかを、たよりにしているのかもしれない。と言うことを記事を読んでさらに考えました。

スポンサーサイト

とほほ!ニコニコ

アーティスト・プロジェクト#2.01 齋藤春佳

「飲めないジュースが現実ではないのだとしたら
  私たちはこの形でこの世界にいないだろう」
開催中です。
残る会期もあと約二週間となりました。

埼玉県立近代美術館HP

初日にはトークが開催されました。

16730572_751398848369751_5443068190543837490_n.jpg

16731965_10158224795280243_1610307492_o.jpg

16651279_10158224795390243_1437802328_o.jpg

色々な、思いもよらない質問もいただいたりして、
わー…、
そういう読み方というか、見え方もあるのか!思いもよらない。
と、自分の作品の別の面も知るような機会になり、
とても有り難かったです。

終わった後、
「あなたの話は言い淀んだり口籠ったり、すらすらといかないところが、逆に信用できる」
と、激励していただいたりして、
うわー!本当に話しヘタでヤバかったんだなあ!とほほ!

思った…
笑えた…
けれど、そう言っていただいて嬉しかったです。
ありがとうございました!


16710298_10158224795290243_2106975031_o.jpg

ニコニコ

-------



アーティスト・プロジェクト#2.01 齋藤春佳

「飲めないジュースが現実ではないのだとしたら
  私たちはこの形でこの世界にいないだろう」
場所:埼玉県立近代美術館 2階展示室D
会期:2017年2月11日 (土・祝) ~ 3月26日 (日)
休館日:月曜日 (3月20日は開館)
開館時間:10:00 ~ 17:30
観覧料:無料
主催:埼玉県立近代美術館



•関連イベント
☆アーティスト・トーク
出演:齋藤春佳 (美術作家)
日時:2月11日 (土・祝) 15:00〜15:30
場所:2階展示室D
定員:20名 (当日先着順)/費用:無料


☆アーティスト・クロストーク「山についてのドローイング」
出演:齋藤春佳 × 手塚太加丸 (作家) × 長谷川新 (インディペンデント・キュレーター)
日時:3月4日 (土) 15:00〜16:30
場所:2階講堂
定員:100名 (当日先着順)/費用:無料

かたちにならないまますぎていくことがあるね

2017.3.7 晴時々太陽が隠れる、さむめ
朝絶対早起きをする、なぜなら、9時には近所のコミセンの音楽室を取って、練習をするから、と思っていて、結局起きたのは8時45分くらいだった。着替えたりの不透明な時間を過ごしているといつのまにか9時15分になっていて「?」と思っていると、コミセン開くの9時30からだったし…さむかった…とかなしみながら、時間情報を入手した人が入室してくる。それはごめんね、とそこそこにあやまって、張り切って取るものとりあえずと言う感じで楽器を持って、練習に出かける。
半年ぶりくらい、ひさしぶりに楽器を触ってめちゃめちゃなまっていてまず全然調弦ができないが、曲を合わせててきとうに弾いてみたら、よくわからないけれど自分の中のテキトウにする上での何かが、楽器に触っていない間、生きたり、聞いたり、暮らしている間に育っていたかんじがして、なんか、はまる音が即わかる、そこで起こることは予知っぽい?感じがして弾いている事がたぶん、以前より、とっても楽しかった。天性のリズム感のなさをどうしよう、というのはある。(翌々日「この人は音は分かるけど、リズム感と経験がない」と、ずいぶん大事なものが欠けているねと笑ってしまう紹介をされた)

11時15分にきりあげて、知る人ぞ知るみたいな、刺身定食800円を食べに行く。お腹ぱんぱん。刺身の量が凄いのは凄いけれどそれよりもだいこん、なっぱ、ちくわ?あぶらげ、ごった煮みたいなバッサリとしたみそ汁が自分としては凄くおいしかった。
食べている間流れていたテレビのニュース、元交際相手の息子8歳を暴行してその子供が重体になってしまって今も寝たきり、タクシーが西新宿のホテル前でアクセルとブレーキを踏み間違えて4人怪我。

食べ終わって茶も飲んで満腹、外に出たら晴れていたのが凄く気持ち良くて、なんか晴れていてきもちいい〜と言うと、「ぼくタバコすわないけどこういう時タバコ吸ったらきもちいいんだろうな」と言っていて、とてもわかるきもちだった、吸わない煙草を、私は頭の中で、吸った。彼もある意味ではその瞬間そうだった。

ローソンでコーヒーを買って帰る道すがらも、
寒いが寒すぎず、ぽつぽつと木から花が咲いていて「はるっぽい」といってよろこぶ。
それを、かれは、「え?     ?」と、空耳していて、聞き返していた、何と言っていたかは、忘れた。


帰宅してためらいなく一人ひるね。ゼルダを彼はやっている。洗濯も干していた、えらい。
私が起きて色々している間、彼はひるねをしていた。私は乾いていた洗濯をたたむと言うことを洗濯を干してもらってる間に眠るということの引き換えとして言っていたのに、ぼやぼやしてしまって、できなかった。

夕方から、赤木遥さんの写真展のオープニングにでかけた。

見る順番が逆になったと思うんだけど、挨拶文を最後に読んだら涙がバーバー出てしまって、出て行って隠れて泣いていたら、探し当てられて、やっぱり泣いている、と言われた。
隠れている時に探し当ててもらえる事。
というきもちにもなった。
ただ、
それよりも、それよりもそのときは、
見るということだな。というきもち、
生きていると言う事、見ると言う事
というきもちが、新宿の夜景というには具体的すぎる近くの色々な電光掲示板、看板、車、ビルの窓、それらの光をけして絵に描けないと言う事、絵に描くのに向いていないできごとだということ、というより、絵にしても意味がない事、
というきもちと、合わさりながら、鼻をかむので、と歩き進んで、泣いて、鼻をかんでいた。

こうして書き残す、ある意味では形にしていること、
それが、とりこぼしていくことがある、もちろんある
形にしなくてもとりこぼしてくこと、
かたちにすること、かたちにすることを、私たちは、
私の周りの私たちは、
残すと言う形にかかわらず、
かたちにしていっているけれど。
作品とか。展示とか。恋とか
恋とかもある意味では形、もう用意されているような、ところもある、形にきもちをあてはめていることが、普通にあるのではないか。だれかがcharaのタイムマシーンのMVでは若いときの浅野忠信が既に別れた恋人のように登場していて混乱するが、恋というのはそういう性質を持ったある意味シュミラークルなものなのかもしれないと、言っていた。

かたちにならないまますぎていくことがあるね。
「心の中にあることと、実際のことっていうのがあるのが、不思議だと思った」
と、三年越しの旅の続きの音楽を聴いたあとで、心の中のことを話としてを聞いた後に自分が言った、その次の次の日の朝、寝ながら布団の中で、思った。かたちにならないまますぎていくことがあるね。思ったというより、寝ていたので言うような気持ちで思った。

色んなことに既に形があるけれど、
伝えなかったがあったと聞いた心の中、
3年越しのもう一度の旅、
何が何と言わないような音楽、
見ることだな、と思って、新宿の夜の光を見て隠れていて、かたちにならないまま過ぎていくことがあった。

私たちはこの形でこの世界にいるし、

残る会期も、あと2週間と少しになりました…!
ご覧いただけたら嬉しいです。

齋藤春佳 個展
「飲めないジュースが現実ではないのだとしたら私たちはこの形でこの世界にいないだろう」

2/11〜3/26

埼玉県立近代美術館2f展示室d

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=349


飲めないジュースが現実ではないのだとしたら私たちはこの形でこの世界にいないだろう detail


「私たちはこの形でこの世界にいるし、飲めないジュースも現実です」
でもよかったんだナ〜
タイトル考えてた時は、多分、心の中に仮想敵がいたよねえ
と思った

山についてのドローイング

埼玉県立近代美術館で開催中の個展の関連イベントとして、
3/4、今週土曜日に、トーク「山についてのドローイング」が開催されます。作家の手塚太加丸さんとインディペンデント・キュレーターの長谷川新さんと私で話をします。

話をするんだけど、それを
「山についてのドローイング」と銘打っている。

まず、
なぜ山についてなのかというと、
今年の夏に、
屋久島の白川山で山に見せる展覧会をするのですが、
今回トークをする3人はそのメンバーのうちの3人なのです。
ひとくちにメンバーと言ってしまったけど、白川山に、展示に、それぞれ違う立場で関わっていて、それについては話します。

それで、
山に見せる展覧会をする、と、
ペロッと書いてしまったけど、
それにあたっては、
・山について
・みるということについて
・展覧会について
解体して組み直すようなことが必要になってくる。

と、
太加丸くんが言葉にしていて、
現段階で、私もそうだなと思っています。
それで、それを、
制作を通して、実行を通して、文章を通して、展示自体を通して、それぞれの人がいろいろな方法でこれから試みていくのだと思うのですが、
このたびは、
それを、話し言葉でおこなう。

解体して組み直す、
というのがドローイングというものの身振りだとしたら
(個人的体感としては、解体がつよいかも)、
今週土曜日にする事は、
話し言葉で、山についてのドローイングをする、という感じだな。と私は考えています。

あと、加えて、なぜ山についてなのか、
単純に、
齋藤の今回の展示作品が山を扱った作品だった、ということもあります。作品について考えていた事について話すことからも、その、山についてのドローイングは可能と言うか、おのずとそうなるというか、そういうことからしか自分はもしかしたら、話せないかもしれない…

余談ですが、
絵をかけないとか、料理が作れないとか、苦手な事を自分で明言するということってあるとおもうんですけど、私はそれを聞いてもあまり信じていないと言うかできないということをあると思わないと言うか、描けば絵だし、作れば料理だし、
とか思っちゃうんですけど、
でも、
話せないな…

ということで、その、絵を描けないとか言う、決める、明言する、そういうことの状況が、はたと、最近分かりました。今のところ使用に向いていないメディアとして、話し言葉がある、でも話せば言葉なので、バラバラになりながら、やりますっ!

https://www.facebook.com/events/386118371770943/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アーティスト・プロジェクト#2.01 齋藤春佳
「飲めないジュースが現実ではないのだとしたら
 私たちはこの形でこの世界にいないだろう」

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=349

場所:埼玉県立近代美術館 2階展示室D

会期:2017年2月11日 (土・祝) ~ 3月26日 (日)

休館日:月曜日 (3月20日は開館)

開館時間:10:00 ~ 17:30

観覧料:無料

主催:埼玉県立近代美術館

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
•関連イベント

☆アーティスト・トーク
出演:齋藤春佳 (美術作家)
日時:2月11日 (土・祝) 15:00〜15:30
場所:2階展示室D
定員:20名 (当日先着順)/費用:無料

☆アーティスト・クロストーク「山についてのドローイング」
出演:齋藤春佳 × 手塚太加丸 (作家) × 長谷川新 (インディペンデント・キュレーター)
日時:3月4日 (土) 15:00〜16:30
場所:2階講堂
定員:100名 (当日先着順)/費用:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。