FC2ブログ

柿のスパイスケーキ



バイト先

ジャムにしてくれてあった柿で柿と紅茶のケーキかな、と、蓋を開けてみたらアニスとかレモンとかが抱き込まれたオリエンタルなジャムだったので、シナモン、クローブ、ナツメグ、それでスパイスケーキにしたというかなった。
というかいつも、したというかなったの間でどういう風に目的地に向かうかの勝負で、速度とか熱とか丁寧さとか真面目さとかあけわたし方とかが、複雑にまっすぐに発揮された時に、憧れるような料理の魔法が使えるようになるのかもしれない。自分だけの魔法。だから外から見たら魔法にしか見えないようなご飯のありかたってあってあこがれていて、それは本人にとっては魔法じゃないというのはそうなんだろうな。絶対そこには行けないけど、もっといける、おもしろい、制作の姿勢とかかわるよなあ、ちちんぷいぷいとごまかしが効かないという形で信じるべき魔法があるということ。と思いながらふきんを塩素系漂白剤に浸けています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。