FC2ブログ

岡山県宇野での滞在制作雑記、7月25、26日分

先日お知らせした岡山県玉野市での展示のために滞在制作をしています。


1002856_446801202094009_1419871561_n.jpg
969356_447859748654821_1164761155_n.jpg


—————
25日は色んな人が制作様子を見にきてくださって、
私は普段一人長野で内緒で制作をしているので
制作途中の作品を人に見せるということが、学生のときぶりで、新鮮で、楽しかったです。
前日夜から
内藤由樹もlit に合流し、プリントの感じなど、見せてもらいました。
業者の不手際に関西弁でいかるというできごとも…。

—————

26日について。
溺れかけた話を書きます。

今回一緒に展示をする手塚太加丸は
屋久島の白川山という集落出身です。
彼は八月の間そこで
「しらこがえりプロジェクト〜巣への招待〜」
といった、展示、
というより、集落全体を巻き込んだ、
プロジェクトを企画しています。

私はそこへ、岡山滞在直前に
お手伝い、及び、興味本位、
もはや無目的、どういう所かも全く知らずに行ったのですが、
火おこしからはじまる食事、森の中の風呂、川から引いた水道、自分で造った家、鹿肉、はちみつ、屋根で星見ながら就寝、書ききれないですが、それがイベントではなくて日常で、(屋根はイベントだったけど、でも、日常の、ちょっと寝る場所変える、くらいの動き)
それは
自分の考えていた家というものごとの概念を超えすぎていて
別に何かについて考えようとか、何かのために訪れたわけではないのですが
自ずから生活の形などについて考えることになった。
素晴らしい場所と時間をすごさせてもらいました。

そして、手塚太加丸の巣は、
だからああいう形をとっているんだ、ここからきてるんだー
と、ものすごく納得がいきました。
人の巣って、人にしては外と中がツーツーで、環境と人も巻き込むし、
私の考える人の過ごす場所とは違うなあと考えていたんだけれど、
それは、私が、暮らしというものの形を、限定的にしかしらなかった。




ここから溺れかけた話です。

そこに、”動物注意”と地名として呼ばれている美しい川があるのですが
2回、私は浮かび上がれなくなって水面下に沈みました。
(危険はなく、私が運動音痴なだけです)
(泳げないのではなく、少しは泳げます…)
(死ぬのがこの続きなら、結構身体的に苦しそうで、いやだなあ、と思いました。)

その時
手をつかんでくれた人が居なかったら
私は今頃水中かもしれない。
ついこの間、溺れて死んだ私も現在ありえる。

そのことを、朝方、絵を描きながらなんとなく考えました。
一昨日から、夜中の誰もいないタイミングで
展示予定の、窓のところでも制作をさせてもらっているのですが

段々と夜があけてきて
窓越しに歩く人がちらほら出てき始めて、
でも布越しに、顔までは判別できなくて、
むこうからはこちらが見えているのか、光の程度は不明で
ちょっとこわい感じ。
オバケ感もあるし…

と思って

こちら側に立っていて、
水面みたいなことが描いてあって
それごしの窓の外
水中側には居ない
水面の向こうを見ている私の身体は何なのだろう。

向こう側に居ることも十分あり得る。

窓の外、水中みたいな向こう側に立ったとしても、
もうそれは、その瞬間に私にとってはこちら側になる。
窓の中が水面の向こうになる。
こちら側からしか、
主体側からしか、
今現在のこの身体からしか、見ることが出来ない。
限られた視覚しか持っていない。

それで、
ならば
水中側に行ったとしたら
地面の下側に行ったとしたらもうまっくらで、
死んだら何にも見えなくなる
って考えていたけれど

この今見えてる窓の、こちら側と向こう側のように、
もしかしたら、
水上側と水中側は、水面を挟んで
どちらもその主体にとっては、こちら側なのかもしれない。
何も見えなくなったりは本当はしないかもしれない。

この身体でこの目を持っているのと全く同じ視覚は持つことは出来ないとしても、
向こう側の見え方があるのかもしれない。
わからないけれど。

わからないというのは
私は、この身体で生きている限り、水面の手前のこちら側に居る限り
こちらから向こう側が見えても、見えなくても、少しだけ見えても、
その同じ瞬間向こうからこちらが見えているかどうかは、
確かめようがないから。


というような
言葉になりきっていないことを、思いました。
描くことによって、考えて
現れた物を見せてもらって、また描くことが可能になっていく。
描画の楽しさに震えたりはあんまりしないんだけれど(どうなんでしょう…)
その、制作を通して訪れることができた場所に
びっくりして嬉しくて泣ける、みたいなことは、本当にたまにあります。
スポンサーサイト



グループ展「乱反射」08.02(fri)-08.25(sun)  開催のお知らせ

フライヤ表
フライヤ裏



齋藤春佳は岡山で8月に展示を行います。

日頃お世話になっております皆様には遠方のためお越し頂きづらいのですが、
瀬戸内芸術祭夏会期開催中でもあるため
近隣で様々なイベントもございます。
夏のお出かけに是非、お越し下さいませ。

また、開催させて頂くゲストハウス&食堂&ギャラリー[lit ]は、落ち着いて過ごせる、すてきなゲストハウスです。
宇野港の目の前にあるため、直島や豊島へ本州から向かうアクセスはとってもよいです。
そして、今回の展示が、[lit ]のギャラリーとしての動き第一弾となります。
以下詳細となります。

--------------------------

このたび、齋藤春佳、手塚太加丸、内藤由樹は、8月2日(金)から8月25日(日)まで、港食堂&ゲストハウス&ギャラリー[lit ]に おいて三人展「乱反射」を開催いたします。


齋藤春佳、手塚太加丸、内藤由樹は、岡山県玉野市の港食堂&ゲストハウス&ギャラリー[lit ]で出会いました。
齋藤春佳は絵画及びインスタレーションの制作を中心に活動している長野県在住の美術家です。
手塚太加丸は沖縄県を拠点に「そこにあるもので、そこにいる人と、そこにあうものを作る」をキーワードに様々な場所で「人の巣」を 作る制作を展開しています。
内藤由樹は大阪を拠点に全国を旅しながら活動中の写真家です。2013年9月にはTOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHYから祝島に住む独りの女性をテーマにした写真集「being」の発行が決定しています。

この3人がこの夏[lit ]で展示をします。
2013年の夏はこれから始まりますが、 この期間におこりうるできごとは、その次の瞬間には消えてしまいます。
けれど、 全部が終わって物自体が消えても、
その光を見た主体がその場所を立ち去っても、
いつかその場所自体が消えたとしても、
主体が見たすべてを忘れても、
作品が腐っても、
そこにあったすべてが消えてしまっても、
もう一生会えなくても、
作品が、
訪れる人や光によって変わる反射点として開かれたまま、現実に現れていることによって、
その時作品に当たって乱反射、シャッターを押す、巣、砂、苗、絵、ATフィールド、動的平衡、宇野駅、記憶、黒目、目に反射、沙弥島 の木、きゅうり、 lit 、灯台、引力、クーラー、汗、「セイタカアダチソウじゃない?」、インスタントカメラ、乱反射した光は、
そのしりとりの最後の音が、唱え終わられて消滅してから、
同じ音を最初にもつ言葉すべてに開かれ続けているように、
光が当たって反射点が出来た瞬間から、
その後の反射方向のポテンシャルを無数にもっていて、
どこかへ当たってまた、別の方向に実際に反射、
ずっと、消えないで、乱反射し続けていくことは、ありうるのではないかと、考えます。


当展示は瀬戸内芸術祭とは関連のない個別の企画ですが、瀬戸内芸術祭の期間中に行います。
その期間に様々な地域から訪れる個人個人が、
その日に訪れたからこそ、出会う人や出会うできごとがあるという特性をゲストハウスという場所は持っています。
そのような場所で、
訪れる人と作品がその瞬間限りの迎合を果たし、
人自体も、作品も、
その一瞬の反射点によって反射しあい変化しあう展示空間を作ることで、
一定期間で消えてしまう仮設的な展示における新しい価値を示します。
この展示において、三人の作品と乱反射しあう空間と時間を皆様と共有できることを、心より願っています。

また、 8月20日(火)には今回の展示に関連したパフォーマンスイベントを開催し、最終日25日(日)には、お世話になりました関係者の皆様及び、お越し頂く方々へ御礼申し上げたく、クロージングパーティーを開催いたします。是非お気軽にお越し下さいませ。



---------------------------------------------------------
「乱反射」
齋藤 春佳/手塚 太加丸/内藤 由樹

【会期】8月2日(金)ー 8月25日(日)    
★8月20日(火)18:00〜 パフォーマンスイベント 出演: 松縄春香/cow-suke (無料/投げ銭歓迎)    
★8月25日(日)18:00〜 クロージングパーティ (チャージ無料/恐れ入りますがアルコール二杯目以降実費となります)

【開場時間】食堂及びゲストハウスのオープン時間となります。(おおよそお昼頃から夕方頃まで)      
不定期となるため遠方からお越しの際は事前にお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

【会場】港食堂 & ゲストハウス & ギャラリー[lit ]
<住所>岡山県玉野市築港1−4−4  
<HP>http://unolit.tumblr.com/    
<電話番号>0863−21−2725

【アクセス】岡山県 宇野駅 徒歩3分 / 宇野港 徒歩3分

【お問い合わせ】ranhansya2013@excite.co.jp

当展示は「瀬戸内国際芸術祭」とは連動していない個別の企画です。予めご了承下さい。
助成:公益財団法人福武教育文化振興財団

https://www.facebook.com/events/666022470079058/673410646006907/?notif_t=like

岡山県宇野で八月に展示をします。

  • Day:2013.07.21 19:00
  • Cat:日記
404373_445055842268545_1271163372_n.jpg

岡山県宇野で滞在制作中です。

お借りしてる場所が制作によりそいはじめてくれています。
クリップと糸と磁石で描く部分の布をピンとしとく仕組みがうまくいっていて嬉しい。
なぜかちょうど良い天と壁に金具も刺さっている。

選挙関係か別か、
窓からのイベントの音がうるさいので久しぶりに制作中音楽をかける。
なぜかレディオヘッドがさわやかな夏なのにしっくりくる。レディオヘッドしっくりきたのなんてはじめてかもしれない。うるささを消す音。

選挙カーとかって、うっとおしいものの象徴だったなあみたいにぼんやり考える。なんでそうなんだろう。音がでかいのと、
でも選挙に対しても何と無くそんなイメージが、自分はあったかもしれない。
自分の暮らしとの遠さとか、暮らし自体と自分の遠さとかもあったかもしれない。
なんとなく、
手の届く範囲のことに、政治が無関係じゃない、
関わってしまう恐怖感(私は今は期待より恐怖の方が強いです)
みたいなのが、現れたからかなあ…など考える。


期日前投票には、制作や公募準備やらが重なりまくって、死にそうだったので、
死ぬほど適当な格好で行ってしまったんだけれど、
丁度私一人しか投票者がいないタイミングだったから、
投票所管理の人たちに
投票中静かに1人ボロボロのまま見守られて、
めちゃめちゃ恥ずかしかった。

今日なら、そんな、注目を浴びることもないだろうから、
すっぴんでも大丈夫、選挙おすすめです。