安曇野市豊科近代美術館で展示をしています

今年の夏はあと奥能登と屋久島に展示で行きます。
それと、今長野で展示もしています。9月1日まで。
昨日、
全然宣伝してないじゃんっていわれて
してるもん、してないかも…?したけど…
と思って…
しよ…

長野の豊科近代美術館で
「観光」っていうタイトルの
必然性のない場所に出かけることと用意されている経験についてのインスタレーションと

「みかん!みかん!」って口が喋っているうるささで自分で目が覚めたあとに、みかん?と怪訝な顔で聞かれて、昔飼ってた犬、アポロが落っこちそうな崖の端っこみたいな所をとことこ歩いていっちゃうから危なくて連れ戻したいけど、腕には昔飼ってたももちゃんって犬を抱いているからそっちにいけなくて、一生懸命呼んだら口がみかんって喋ってたの、でも、みかんは今生きてる犬だ、名前、間違えた…
といって眠ったら、
「おばあちゃん!」と言う自分の声でおきて、おばあちゃん?と言われて、おばあちゃんが落っこちそうな向こうを歩いてたから一生懸命呼んだら喋ってた… 死んだおばあちゃん?ううん、生きてるほうのおばあちゃん
って言った時のことを壁に描いた絵にした絵


その2点の新作を壁や部屋や床?を使って見れるようにしてあります。(なんかなんていったらいいのかわからなくなった…、出品してますでよい)

後大きいのと小さい去年と今年の絵画飾っています。



●●●
http://www.azumino-museum.com/
名  称:美術館ワンダーランド2017 
     ~イロ・モノノ ハコニワ~
会  期:2017年7月8日(土)〜9月1日(金)
主  催:安曇野市豊科近代美術館 公益財団法人安曇野文化財団
開館時間:午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:毎週月曜日 祝日の翌日
入 館 料:一般500(400)円、大高生300(200)円、
中学生以下、市内在住70歳以上、障害者手帳をお持ちの方無料 
※()内は団体料金

出展作家:
齋藤春佳、しもかわらさとこ、竹内功
出倉誠一、濱口佳純、水戸部七絵



アポロ死んでる2017 みかんいきてる2017




もも死んでる 2017




りんいきてる2017
スポンサーサイト

「第3回メタモフォーシス展~長野ゆかりの20代.30代の現代美作家によるグループ展」参加

長野で展示をしています。
長野県ゆかりの若手作家7人展です。
長野駅から近いので立ち寄っていただきやすいと思います!ぜひ〜

「第3回メタモフォーシス展~長野ゆかりの20代.30代の現代美作家によるグループ展」

2017/5/30(火)~6/25(日)
9:30~18:00(土.日10:00~17:00)
会期中無休/入場無料
ギャラリー82 長野市岡田178-13八十二別館1F
TEL.026-224-0511

参加作家:安藤美香/上田暁子/齋藤春佳/更級真梨子/千田泰広/古橋まどか/矢島史織

18814264_1323029621137825_2070071714698863768_n.jpg
18766130_1323029617804492_1707338219415416809_n.jpg


18740767_1323029624471158_2430707143306802294_n.jpg

帰りタイ(両方向の気持ち)

タイに壁画描きにいきます!ワーイ
70110というアートプロジェクトに参加します。
タイのバンコクから2時間くらいのラチャブリーというところで、5月13日から6月30日まで開催されるプロジェクトです。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1337008659712563&substory_index=0&id=1061218933958205

日本の芸術祭みたいな感じでしょうか、と思っている。
私のバイト先でもあるArt Center Ongoingの小川さんが去年東南アジアの旅に行っていた時に訪れたバーンノーグコレクティブからのオファーを紹介してくださって、こうゆうことになりました。



私は来週までたくさん休みをもらってしまって他のスタッフの人たちに申し訳ないのですが、小鷹拓郎さんの展示「100年前の世界の話/100年後の未来のために」https://m.facebook.com/ArtCenterOngoing/?notif_t=like¬if_id=1493441668898507&ref=bookmarks
開催中ですので、ぜひオンゴーイングへ!いらしてください。今東京で見た方がいい展示だと思います。泣いたことがよさではないがめちゃ泣いちゃった。。おすすめです。


タイ行くに際して
ワーイやったるで!と、
おうち…たこ焼き焼いて食べてたい…たまにそれを描いたりとか…それに1人で行くのもメッチャイヤ…英語もタイ語もダメ…のきもちに引き裂かれすぎて、無言、家を出る時はもう無、言葉をなくしていたのですが、歩いたり乗り物に乗ったりすると、内面に何も起こらなくてもいる場所が変わっているのですごい。と思っていたら、目に入るものも変わってきて、そしたらすごいすきな心の状態になってきたので面白かったです。自分がここにいる必然性がないというか、どのそもそもの原因とも因果関係を結べない遠さの謎のところに今いるという認識をする状況になると、すごい盛り上がってくるなあ!そしてこういうひとりの時は物理的に状況がとてもそう!ということを思い出しました。

暑いのとタイ料理と絵を描くのがだいすきなので、それがたのしみです。いいの描けるといいな。

もしかしたら、こわさに耐えられなくなってきているのかもしれない。

2017年3月10日、
信濃毎日新聞朝刊の、金曜アートというコーナーで掲載していただきました。


私の齋の字は新聞には使われないことになっている字なのでまちがいではないです、実家の表札この字だし、なんでもいいんだよと言われて斉藤って書いてた時もあった。ほんとになんでもいいのかな。

信濃毎日新聞朝刊2017.3.10掲載


クリックすると、拡大できると思うので、文面を読んだらたのしいと思います!
宇宙ぎみ、うれしい
うれしそう、写真が
(場が混沌としてきて、これはどういう状況でしょう、へへ…ともにゃもにゃ言っていた写真が掲載で、へへ…となった)
顔面が、盛れていない。


私がよく、方法、別の方法、と言っているのを、
言い当て、という呼び名で新しい触り方を作っていただけたのも、読んでいてとてもたのしかった。
実際のインタビュー時では、話がボンボン飛んで行く、めちゃめちゃな喋りでしたから、
こんな風に、意味にしていただいて、すごく、うれしいです。


これ、うまく喋れなかったなあ本当に、
うまく喋れることなんて、ないんだけどほんと、、、と思ったのは
文章の中で触れていただいている、
小さい頃の今を覚えておくゲームと言うのは、殆どそうなのだけど、
それはかなり今絵画等でやっていることに近い言い方で、
小さい頃のそれは、もっと抽象的で、
「覚えておこうと思ったことを覚えておこうゲーム」
つまり、
「今、覚えておこうと思った!このことを、覚えておこうと思ったこと自体を、覚えておこう…」
という、成功不成功が判明しなさすぎるゲームでした。
ただそれには視覚が伴っていた実感もあって、
だから殆ど、書いていただいてあることが、やっぱりそうなのだけれど
少しだけ、もっと
もっと手がかりがなくて、こわくてたのしいゲームだった。今は、もしかしたら、こわさに耐えられなくなってきているのかもしれない。それで、視覚とか、物とかを、たよりにしているのかもしれない。と言うことを記事を読んでさらに考えました。

とほほ!ニコニコ

アーティスト・プロジェクト#2.01 齋藤春佳

「飲めないジュースが現実ではないのだとしたら
  私たちはこの形でこの世界にいないだろう」
開催中です。
残る会期もあと約二週間となりました。

埼玉県立近代美術館HP

初日にはトークが開催されました。

16730572_751398848369751_5443068190543837490_n.jpg

16731965_10158224795280243_1610307492_o.jpg

16651279_10158224795390243_1437802328_o.jpg

色々な、思いもよらない質問もいただいたりして、
わー…、
そういう読み方というか、見え方もあるのか!思いもよらない。
と、自分の作品の別の面も知るような機会になり、
とても有り難かったです。

終わった後、
「あなたの話は言い淀んだり口籠ったり、すらすらといかないところが、逆に信用できる」
と、激励していただいたりして、
うわー!本当に話しヘタでヤバかったんだなあ!とほほ!

思った…
笑えた…
けれど、そう言っていただいて嬉しかったです。
ありがとうございました!


16710298_10158224795290243_2106975031_o.jpg

ニコニコ

-------



アーティスト・プロジェクト#2.01 齋藤春佳

「飲めないジュースが現実ではないのだとしたら
  私たちはこの形でこの世界にいないだろう」
場所:埼玉県立近代美術館 2階展示室D
会期:2017年2月11日 (土・祝) ~ 3月26日 (日)
休館日:月曜日 (3月20日は開館)
開館時間:10:00 ~ 17:30
観覧料:無料
主催:埼玉県立近代美術館



•関連イベント
☆アーティスト・トーク
出演:齋藤春佳 (美術作家)
日時:2月11日 (土・祝) 15:00〜15:30
場所:2階展示室D
定員:20名 (当日先着順)/費用:無料


☆アーティスト・クロストーク「山についてのドローイング」
出演:齋藤春佳 × 手塚太加丸 (作家) × 長谷川新 (インディペンデント・キュレーター)
日時:3月4日 (土) 15:00〜16:30
場所:2階講堂
定員:100名 (当日先着順)/費用:無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。